図形

六面体(双三角錐|基準比|横x2)

難度/制作時間
★1/約15分(下処理別)
作品コード
ha106116

汎用性の高い「Y:X」比が「1:1.5」の横長基本パーツの一つ。
底部が鋭角なので単体としては「吊るす」作品向きです。

スペック

材料(麦わら・ストロー)
本数
a
6本
b
3本
完成図

【ヒンメリ計算機(mm)
「Y」に数値(半角)を入力すると「X」方向と
「材料(a,b,c...)」の各サイズを即時計算!
  おことわり

Y: mm


つくり方

制作の流れ

双角錐は、2つの角錐(上角錐と下角錐)を底面同士で貼り合わせた立体
【1】接面(底面)の正三角形をつくる
【2】下角錐を仕上げる
【3】上角錐を仕上げる


上図はつくり方が同じ作品と共有しています。 省略線マーク付きストローは作品毎に伸び縮みするので見た目の印象は異なります。

【1】接面(底面)の正三角形をつくる

展開図(1)のように、ストロー(b)×3本に、A→B→C→Aの順で糸を通し Aで本結び。

【2】下角錐を仕上げる

【2-1】展開図(1)のように、A→D→C→B→Eの順でストロー(a)×3本を加えながら糸を通す。(※C→Bのように再度通すだけの箇所あり)
【2-2】DとEを手前に立ち上げ、E糸をDの糸にひと巻きくぐり合わせ、ひと結び。
【2-3】頂点[D+E]→Aに糸を通し戻す。(戻した先が上角錐の基点Aとなる)


上図はつくり方が同じ作品と共有しています。 省略線マーク付きストローは作品毎に伸び縮みするので見た目の印象は異なります。

【3】上角錐を仕上げる

下角錐の底面を手前に向ける。
【3-1】展開図(2)のように下角錐と同じ要領で、A→D→C→B→Eの順でストロー(a)×3本を加えながら糸を通す。
【3-2】DとEを手前に立ち上げ、E糸をDの糸にひと巻きくぐり合わせ、ひと結び。
余分な糸を始末して完成です!

補足情報